転換社債型新株予約権付社債と新株予約権付社債について

2014.7.7|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

転換社債型新株予約権付社債は、かつては転換社債と呼ばれていましたが、現在ではこのような長い名前で呼ばれるようになっています。ワラント債と呼ばれることもあります。具体的にはどのようなものを指すのかというと、債券でありながら、株式に転換できるものを指します。転換しなければ債券ですから、投資した資金をそのまま回収することができます。企業が成長して株価が上昇すれば株式に転換して大きな利益を得る事ができます。ですから、債券と株式の良いところをとったものだとも言えるでしょう。

 
リスクは抑えながらも、状況によっては高いリターンを得られると言うことから、投資対象としては魅力的なものです。ただ、債券としての利率は低いですからあ、株式に転換するほどの成長がなかった場合には、普通債圏に投資をするよりパフォーマンスは低くなります。利率が低いですからあ、発行する側としては資金調達コストが低いというメリットがあります。

パソコン06
いろいろなシーンで用いられますが、ベンチャー企業に対する融資として使われることは多いです。これから成長するかも知れない企業に対して融資を行い、成長すれば株式に転換して大きな利益を得るというようにして使われることは多いのです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。