債券投資の費用とは

2014.7.7|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

債券というのは国や企業が借金をする際に発行されるもので、それを所有していることで既定の配当金を受け取ることが出来るものです。銀行の定期預金なパソコン05どと同じように年で何%の利息といった感じであらかじめ設定された金額で決済されており、償還日と呼ばれる日が来るまでは元金が戻ってくることはありません。

 
このような債権を持っている人は、場合によってはその債券を譲渡することが出来る仕組みがあります。このような仕組みを利用しての投資を債券投資と言います。無事に償還されれば元金は戻ってきますが、その保証は存在していませんので元金以下で購入して無事に償還されればそれは全て利益となります。

 
この投資にかかる費用は債券を買い取るためにかかる経費全般です。それがどれくらいの金額になるかは債券の種類によって全く違いますし、その時々の状況でも大きく変動します。国債の様に大きなものであれば相場が生まれていることもありますが、一企業の債券の場合には大きく元金割れをした金額でしか売却できない場合も多いので注意が必要です。逆にそのような債券を購入して無事に償還を迎えるというのも一種の投資です。しかし銀行の預金とは違い、保証されないことについては理解しておく必要があります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。