個人向け国債の金利と期間

2014.6.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

個人向け国債とは、日本国政府が発行する債券で個人が購入できるもののことを言います。政府が責任を持って元本や利子を支払うので、安全性の高い債券といえます。国際の最低額面が5万円ですが、個人向けの場合、1万円から1万円単位で購入することができます。

 
この国債には3つの種類があります。それぞれの種類によって期間が変わります。一つは10年タイプである「変動10年」。これは満期が十年で金利が上り下お金10りのある変動型のタイプです。これは半年ごとに適用利率が変わります。発行から1年が経過すればいつでも換金が可能です。半年ごとに適応利率が変わります。満期が五年「固定5」は、満期まで金利が固定しています。発行後1年で中途換金できます。発行された時点で最終的な投資結果が分かるため、たとえば発行時の利率が1.0%であれば、五年間1.0%(税引き前)をもらうことができます。最後は満期が3年のタイプです。これも利率が満期まで変わらないタイプです。そのため、発行された時点で最終的な投資結果がわかります。

 

「固定3」も1年で換金が可能です。「変動5」、「変動3」とも中途解約した場合、直前二回分の各利子(税引き前)相当額×0.79685が引かれます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。